Ryzen 2400G APUへの交換後、ビデオドライバをインストール直後からディスプレイが映らない場合の対処

一日、無駄にした・・・! ハマる人が多そうなので対処法をメモ

私の環境

現象

 以下のいずれか。いずれの場合も、他のパソコンからのRDP接続は出来るので、OSクラッシュではない。

  • Rizen APU (Raven Ridge)対応のビデオドライバをインストールすると、画面が一面緑になってしまい、操作不能になる。
  • モニタの表示が左右で分割された状態になり、モニタ左半分にWindowsのデスクトップの左半分が表示され、モニタ右半分にもWindowsのデスクトップの左半分が表示され、かつモニタ右半分の下側は崩れる。

原因

  • マザーボードの実装により、AMDの純正ドライバが正常に動作しない場合がある。
  • マザーボードメーカのRizen APU (Raven Ridge)向けのドライバのhotfixが適用できない。hotfixはレジストリ修正を行うが、環境により適切ではないケースがある。

対処概要

  • マザーボードメーカの、Rizen APU (Raven Ridge)向けのドライバを使う。
  • ビデオドライバを複数インストールしている(いた)環境の場合(Microsoft標準ビデオドライバも含む)、hotfixがうまく適用されない場合があるようです。正しいレジストリエントリに記述を追加して再起動すると直ります。

対処方法 ※お約束)レジストリ操作を伴いますので、実施は自己責任で。

  1. ビデオドライバをインストールすると画面が崩れて操作不能になるので、予めリモートデスクトップを有効にしておく。
  2. ASUSのビデオドライバをインストールする。画面が崩れるので別のPCからRDP接続する。
  3. レジストリエディタで、以下のエントリを開く。HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{4d36e968-e325-11ce-bfc1-08002be10318}
  4. 2のエントリの配下の"0000"、"0001"と言った4桁数字のエントリを順に確認し、DriverDesc に、"AMD Radeon(TM) RX Vega 11 Graphics"がある4桁数字のエントリの番号を控える。
  5. ASUSVGAドライバを展開したフォルダの、hotfixフォルダを開く。
  6. Registry.cmdファイルをメモ帳などで開き、以下の部分を、4で控えた数字に書き換える。※赤字の部分
    REG ADD HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{4d36e968-e325-11ce-bfc1-08002be10318}\0000 /v DalForceSingleDispPipeSplit /t REG_DWORD /d 0 /f
  7. 編集したregistry.cmdを、管理者として実行する。
  8. 再起動する

 あとがき

ASUSへは連絡しました。こんなじゃじゃ馬、いまでもあるんだな。